このカテゴリーをはてなブックマークする  このカテゴリーをクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録   FC2ブックマーク  

葬式のお礼状の書き方や文例などを解説

葬式の礼状

葬儀のお礼状の文例と書き方は、争議の後のお付き合いを円滑なものにするためにも重要なものです。
葬儀お礼状とは喪主から参列者へ対してお礼を申し上げる代わりに、礼状として渡すもので、通常香典返しなどと一緒に渡します。内容としては参列者に対して足を運んでくれたことに感謝を述べるのが一般的です。最後に日付・住所・喪主氏名・親族一同と書き添えます。

通常は葬儀社が手配してくれますが、一言書き添えるなどして真心を添えるのもいいでしょう。


その場合も葬儀社の人が相談に乗ってくれるはずです。最近ではデパートの弔事コーナー等にもお礼状が用意されていますので、それを使うのも手です。また、冠婚葬祭の挨拶に使える文例をまとめた本も出版されていますので、こうしたものから引用してうまくアレンジするのも良いですね。

大事なのは、ご足労いただいた参列者の方々に感謝の意を伝えることですから、無理に奇をてらう必要はありません。


とはいえ、いざ書くとなると面倒なものです。書き始めの言葉や難しい単語をいちいち調べて書くのは非常に疲れる作業でしょう。真心を伝えたいはずなのに、書いてるうちにわけが分からなくなってしまうこともあるかと思います。

葬儀の礼状の書き方

そこで葬儀のお礼状の文例と書き方についてちょっと整理してみたいと思います。


書き始めはまず、謹啓で始めます。結びの言葉は謹白となります。一字空けて故 ○○○○(故人の氏名) 葬儀に際しましては、と続けていきます。続きは多忙の中集まってくれたことや丁重に弔ってくれたことなどに感謝を述べます。


次に段落を変えて、故人にとっても大変嬉しいことである旨を書いていきます。また段落を変えて、本来直接お礼を申し上げるところを、書面において略式でお礼とすることを謝して、謹白と結びます。日付・住所・喪主氏名等を忘れずに。


中身の表現については宗派などによって微妙に異なりますが、一般的な内容としてはこんな感じです。また、お葬式が滞りなく終わった時点でのお礼状ですので、あまり悲しみをさそうような表現はしないほうが良いでしょう。タブーとされる表現としては、重ねがさねや再びといった言葉です。

また、句読点は打たないのが一般的です。

葬儀の御厚志の意味

葬儀のお礼状の文例と書き方で、葬儀に参列することはご会葬、香典はご厚志(ごこうし)等と言い換えるのが一般的です。

御厚志とは、「深い思いやりの気持ち、心のこもった親切」の意味です。
「御厚志ありがたく存じます」などと表現します。

ちなみに「寸志(すんし)」の意味は
(1)少しの気持ち。わずかの厚意。自分の気持ちをへりくだっていうことが多い。
(2)心ばかりの贈り物。
などの意味です。

相手側が寸志という言葉を使っても、そのままの言葉で返さないように注意しましょう。
謙譲の意味を込めて「寸志」と表記しているからです。


表現に迷った場合には葬儀社の方に相談するのが無難でしょう。
葬儀お礼状の文例と書き方はインターネット上でも数多く紹介されていますので、是非検索してみてください。


葬儀お礼状の文例と書き方では、内容はあくまでも簡素に、相手に感謝の意が伝わる文面であればOKです。

スポンサードリンク